スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲーマー必見!?】Logicool製品がセール中!!

どうも、こんにちは。

今日は、引っ越し用の道具を揃えようと思ってAmazonさんに訪れたら、
何と「Logicool春の大感謝セール」をやっておった!!
(まったく目的とは関係ない商品ばかりに目が行くダメなやつw

大のLogicool好きの私としては心躍る思いで、今も見ております(笑)

Logicoolの良いところは、やっぱり品質とデザインですかね。
ゲームもしかり、仕事で使うキーボードやマウスもLogicool製品を使ってます。

ちなみに私は、スマホゲーム以外にもPCゲームも色々プレイしているので、
キーボード、マウスはもちろん、マウスパッド、ヘッドフォン、マイク、
サウンドカード、ビデオカード(グラフィックカード)、モニター、
PCそのもののスペック等々・・・よりプレイしやすい環境を目指して整えてます。

ビデオカードやサウンドカード、モニターって言うのは、
必要環境以上のスペックがあれば良いので、それはそれ、という感じの別軸で考えてもいます。

特に壊れやすかったり、一番プレイに影響が出るとすれば、
「マウス」「キーボード」「コントローラー」じゃないかなと思う。
今回はマウスだけにフォーカスします。

■マウスについて

マウスは、本当にいろいろな種類がありますね。
量販店の売り場では、20種~30種も置いていますし、
正直どれを選べば良いか迷いませんか?

「昔から同じものを愛用しています」という人は、
おそらく、そのマウスの大きさや機能がマッチしているんだと思いますが、
その自分にマッチするマウスを探すまでが苦労するのです。

なので、私の中でのマウス選び基準は・・・

1.ワイヤレス(無線)マウスはダメ。
 感度が悪くなったり、大事な場面で充電切れてホワァアアァアアアアーッ!ってなりました。

2.実際に触った感覚(フィット感)を大事に。
 長時間触っているので、より楽に無駄な力が入らないような形と大きさを選びませう。

3.ボタン数が多すぎてはダメ。
 どうせ使い切れないし、誤操作を生み出しやすいだけ。
 プレイ中に誤操作をしたくなければ見栄を張らないことが大事。

4.自分の好みの形状(デザイン)を選ぼう。
 光るのも良し。尖っているのでも良し。

ってな具合です。

ちなみに私がずっと繰り返しで使っているマウスはコレです。
それと、コントローラーもついでに。
 

このマウスは、基本動作に+5つの機能(ボタン)が使えます。
そして、何よりもちょうど良い大きさ+重さで、私の手にはベストマッチです。

なので、壊れては買い、壊れては買い・・・とかれこれ4回ほど繰り返しています(笑)

ちなみに、「ゲーミングマウス()」なんてうたわれた商品がありますが、
ただの売り文句みたいなものなので、万人にベストマッチするわけじゃないので注意です。

ただし、マウスもキーボードも他のパーツ系も全て消耗品なので、
「使ってみてダメだったら別のものを試せばいい」という、軽い気持ちでいた方が良いですよ。


ちなみに!こんな変わったデザインというかスタイリッシュなマウスがありました(笑)

 
↑トランスフォームしそう    ↑サイドに6つもボタンが!

 

↑日曜ヒーローのアレ?   ↑ガチでトランスフォームw



色々試してみてください^^
スポンサーサイト

【城ドラ】城とドラゴンのレビュー!

ずいぶん放置してしまいましたが、友人がWEB系マークアップエンジニアからゲームプランナーに移行したことを気に再開したブログを見て、触発されたので久々の更新です。

皆さん、最近のスマホゲーム。
楽しいですか?マンネリ化してませんか?

私はそんなマンネリ化してる一人なのですが、
今回は、2月4日にリリースされた『城とドラゴン』(城ドラ)について、
紹介みたいになっちゃうけど書いてみようかな。

screen406x722.jpeg


まず、リリースしてる会社は「アソビズム」さん。
『ドラゴンポーカー』をリリースしてる会社でもありますね。
こんなアイコン⇒ドラゴンポーカー

ドラゴンポーカーと城ドラを比較してみると、
まったく違うタイプのマネタイズ構成をしてます。
(※売上ランキング的にはドラゴンポーカーの方が上)

ドラゴンポーカーは、ソシャゲ全盛期にリリースされたタイトルだから、
複数のカードの中から一定確率で目玉となるカードを獲得する」タイプ。

けど、城ドラは「事あるごとに発生する必要時間を短縮するのにお金を使う」という感じ。

ゲーム内マネー、行動力、対戦回数、必要時間、ブースト効果、CP。
基本的に、この6つの要素でルビー(有料通貨)を使うことになる。

写真 2015-03-02 11 35 12写真 2015-03-02 11 37 51


初期段階では城レベルも上がりやすいし、その分ルビーもCPも貯まりやすい。

だが、実際にPvPを行って負けるとどうしても育成に走っちゃって、
新しいモンスターの獲得や育成、モンスターのスキルや装備品など、
生産に時間が掛かるのが嫌だからルビーを消費する、という流れになる。

一番ルビーが掛かるのが、【モンスター獲得時のCP購入】で、
これは1CP=1ルビーの換算になる。

なので、モンスターの卵が4000CPで販売されていて3000CP不足している場合は、
3000ルビー(2000円+500円=2500円)必要になるってわけだ。

そして、ここの運営さんは、
先にルビーのみで販売し、一定期間後にCPでも購入できる
という販売戦略を実施している。

写真 2015-03-02 14 27 02

CPなら4000、ルビーなら3500。

一見CPで購入した方が安く見えるけど、
この卵をほしい人は、それまでにCPを貯めて、
販売期間中に購入する方が賢いかな。

けども、卵には販売期間が決められているので、
再販でもしない限り、また購入する機会が無いという・・・。
何とも販売意欲をそそるようになってます。

そう!
この城ドラでどうしても文句が言いたいことがある。
それは「リーグ」というPvPモードについて。

写真 2015-03-02 14 59 14

他のゲームでは、大体ユーザーレベル、ユーザーデッキの攻撃力など、
接戦できるユーザーマッチングが行われるよね。

けどこのリーグ、バランスマッチングが入っていないかのごとく
超格上のユーザーとマッチングして、ズタボロにやられることがあるんですよ。

そんなうちの一人が私なのですが・・・。

「うまP」とかっていうのが初期は10Pあって、
負けると減算されていくので、ご覧のありさまってわけです。

ここについては、プランナーの意識がどうかしてるとしか思えません。

日本人は、「負けるのが嫌」「戦うのが嫌」「勝手に戦われて負けまくってるのも嫌」
嫌嫌嫌嫌嫌嫌・・・の塊なんですね。(※完全持論です)

そして、PvPをするのならば事前にしっかり準備をして、
ほぼ勝ちを約束された状態じゃないと挑まない。

失うものがあれば尚更ってわけです。


ちなみに、現在の仕様で喜ぶのは中国圏の人達だけでしょうが、
中国圏に展開するにしても、現在のシステムではダメですね。

なにより、そもそも中国圏の人達は時間制のゲーム(待つの)が嫌いです。

市場について勉強していればこうはならなかったと思うんだけど・・・。
どう変わるのかな。


という感じで、今日は城ドラについて書いてみました。
プロフィール

だぜ

Author:だぜ
小学生くらいからずっとゲームという娯楽に興味を示し、22歳の時に"プレイヤー"から"提供する側"になるべくN社へ入社。

N社で5年勤務したあと、これじゃない感があったので別の会社に転職。
その後も、自分のスキル向上を目指しつつ、スキルを売りにして世の中を渡り歩いてます。

仕事上で使ってる肩書きは「プランナー」「ディレクター」「アソシエイトディレクター」とかそんなのです。

▼過去の経歴
・PC版 MMORPG:1本
・PC版 ブラウザゲーム:2本
・ソーシャルゲーム:3本
・ネイティブアプリゲーム:5本

~・~・~・~・~・~・
■ニコ動コミュニティ
だぜちゃんねる

■Twitter
コチラ
~・~・~・~・~・~・

カテゴリー
最新記事
メールフォーム
ゲームに関する疑問などありませんか?
あれば、私の主観でお答えします。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告












おすすめブログ主さん
ブログランキング
FC2ブログランキング
いくつかな?
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ





なんでも投票所
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。