FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チート」ってどうなのさ?

今日は「チート」と言われる行為についてお話してみよう。
LINEで聞かれたというか、話題になったのでね。

まず、「チート」ってどういうことなのかは、ぼんやりでもわかりますよね。
なので、説明は省きます。

さてさて。
チートは許される行為なのかというところにフォーカスしてみよう。

これは、ゲームを運営する側のポリシーや利用規約によって禁止されているからダメだけじゃなくて、
法律で禁止されている故意でございます。

実際、チート行為をして書類送検された輩がいますよね。
(WEB記事はコレ

これは、運営会社が「電子計算機損壊等業務妨害」っていうのを盾に訴えたことがきっかけです。

運営会社としては、警察が絡むと正直面倒だし工数も取られるし、
なかなか面倒この上ないのです。

それでも実行したのは、WEB記事になれば会社の名前が広がり、
それが良い意味で捉えられるので好印象につながるよね。
これ、プロモーションのひとつです。

けど、そんな毎回警察にお世話になるわけにも行かないというか、
待ってたら無法地帯になるので、利用規約とポリシーを盾にして、
運営チーム自らが、アカウントをBANしていくわけです。

じゃぁなぜBANするのかっていうところですけど、
「ゲームバランスを著しく低下させ、ほかの利用者に迷惑をかける可能性があるから」
というのが表向きなのです。

実際問題、対戦ゲームでチート利用者とあたった場合、
勝てば優越感に浸れるし、見下した罵声のひとつでも浴びせられますが
負ければ、そりゃもう萎えますし、罵声を浴びせても負け犬の遠吠えにしかなりません。

運営としては、チートを利用されることによって発生する副作用が怖いだけであって、ゲームのブランドに傷がついたり会社のイメージダウンにつながることで、どんどん悪いほうに流れていってしまうのが嫌なんですよね。

なので、そうならないようにチート行為をするアカウントに制裁を加えていくわけなのです。


それで、これは重要。

チートは一生なくならない。

いい?もう一回言うよ。

チートは一生なくならない。


実際にチート行為を行う無数のアカウント達と戦ってみた感想なんですけど、完璧に抑止するなんて無理です。

意味があるのか正直怪しい何某ガードを導入してみたり、ソースを暗号化してみたり、ダンジョンクリア時に整合性がとれてるかチェックしたりとか、いろいろこちらがやっても、あちらもデータ解析のプロの領域(というかプロ)がいますからね。

ただ、完璧ではないけど減少させることは可能です。

前の記事でも記述していますが、チートを取り締まるのは、品質を維持・向上させる任務があるGM(=ゲームマスター)のお仕事です。


オンラインプレイヤーの皆さまは、チート行為を行う輩に出会ったらどうしたらいいのでしょう。

つ【通報】
つ【一緒にやるな】
つ【見てみぬふり】


これしかありません。
よく「~の情報を添えてお寄せください」ってありますよね。

もしその情報がわかるのならば、運営に協力してあげてください。


■ チートに関する余談 ■

RMTとかしない限り、チート行為だけじゃハイリスク・ノーリターンですよ。


TAG index
↑よかったらポチしてください!

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だぜ

Author:だぜ
小学生くらいからずっとゲームという娯楽に興味を示し、22歳の時に"プレイヤー"から"提供する側"になるべくN社へ入社。

N社で5年勤務したあと、これじゃない感があったので別の会社に転職。
その後も、自分のスキル向上を目指しつつ、スキルを売りにして世の中を渡り歩いてます。

仕事上で使ってる肩書きは「プランナー」「ディレクター」「アソシエイトディレクター」とかそんなのです。

▼過去の経歴
・PC版 MMORPG:1本
・PC版 ブラウザゲーム:2本
・ソーシャルゲーム:3本
・ネイティブアプリゲーム:5本

~・~・~・~・~・~・
■ニコ動コミュニティ
だぜちゃんねる

■Twitter
コチラ
~・~・~・~・~・~・

カテゴリー
最新記事
メールフォーム
ゲームに関する疑問などありませんか?
あれば、私の主観でお答えします。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告












おすすめブログ主さん
ブログランキング
FC2ブログランキング
いくつかな?
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ





なんでも投票所
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。